のどの不快感

  • HOME
  • のどの不快感

のどの不快感、飲み込みにくい・・・。

病院に行っても異常無し・・・。

病気でないのは安心だけど、どうしたらいいの・・・??

 

  • のどの不快感、つまり感を常に感じる
  • 水が飲み込みにくい
  • 喉に違和感があり、声が出にくい
  • 扁桃腺がすぐに腫れる

 

肩こり、首こりならば普通にちょっとマッサージに行けば・・・と考えますが、のどの違和感の場合はどうしたらよいのかわからず悩まれている方が多いようです。
しかし、ご安心ください。のどの違和感も肩こりと同じ施術で十分改善可能なのです。

のどの不快感、つまり感が気になったら・・・

まずは病院で検査を受けてください。
器質的な疾患の場合はまずその施術がまず先決です。

現在では“咽喉頭異常感症”という病名も使われており、検査では異常無しだが症状が強いという方も増えてきています。

古代ギリシャでは“ヒステリー球”、東洋医学における“梅核気(ばいかくき)”という症状とほぼ重なることもあり、実は古くからみられる症状なのです。

原因は?

病院ではストレスによるものと診断されることが多いようです。
咽喉頭異常感症の方の場合、不安や緊張が多いことがわかっています。

抗うつ剤や抗不安薬の投与が主な施術となります。

東洋医学から見た原因と施術法

東洋医学から見た原因と施術法

違和感を感じる喉の外側は何でしょうか?
そう、首周りです。
肩も近く、筋肉もつながっています。
外側のコリは内側の状態にも大きくかかわってきます。

当院にいらっしゃる喉の違和感を訴えられる患者様の
皆様が首、肩にかなりのコリを持っておられることでも
コリが違和感の原因となっていることがよくわかります。

肩こり、首こりをしっかりと取り去ることだけだけでもずいぶん症状は改善します。

また、東洋医学における“梅核気”という病名を紹介しましたが、
東洋医学では病名がついているということは施術法が
あるということです。主に肝の気の乱れが原因となって出てくる
症状と考えられていますので、肝を整える施術を行います。

気付かないストレス

気付かないストレス

喉の違和感は病院で診断されるようにストレスが原因の
ことも多いのですが、そのストレスに自分自身が気付いていない
という場合があります。
しかたがないと我慢していたけれども、実は大きなストレスだったり、
昔あったイヤなことを押し込めて思い出さないようにしていたり・・・。

気付かない傷は治すことができません。

施術を受けながらご自身のことを何気にお話しいただくだけでも
“あれ?!本当は我慢していたのかな・・・”と自分の傷に気付く
ことができ、それだけでもストレスは軽減できます。