ごあいさつ

  • HOME
  • ごあいさつ
ごあいさつ

きっこうどうのはり灸担当の中塚恒二とあん摩マッサージ担当の中塚カナコと申します。

たくさんのホームページの中からきっこうどうのページを覗いてくださり、ありがとうございます。

ごあいさつとして健康と病気についてどのように考えているのかを述べさせていただきます。

健康と病気の間

ごあいさつ

☆病院に行っても検査ではどこも異常がない。
☆いろんな不調があるけれど、周りの人にわかってもらえない。
☆病院では対処法がないのでどうしたら治るのかわからず不安でいっぱい。

きっこうどうにはそんな方たちが毎日たくさんいらっしゃっています。

なぜ、病院での検査ではなんともないのに、身体に不調がでるのでしょうか?

それは私たちの身体には“健康と病気の間”が存在するためです。よくこの状態を“未病”と言ったりもします。

健康だった身体がいきなり病気になることはありません。
毎日の疲れ、ストレスにより疲労が蓄積し、まず機能的な不調となります(働きが悪くなります)。これが未病の段階です。
そのままほっておくと器質的(臓器そのもの)に悪くなる病気という状態になります。

機械でたとえるなら、部品は大丈夫なんだけれど、油切れで動きが悪い状態が未病、部品自体を交換しなければいけない状態が病気です。

病院で処置できるのは部品の交換(人間の体では難しいので、修理となります)のみ。油切れで動きが悪い場合は対処の方法はありません。

鍼灸マッサージではその油切れ(=未病)の段階で治療することができるのです。

なぜ不調になるの?

なぜ不調になるの?

私たちは毎日、仕事や家事労働によって疲労します。
また、さまざまなストレスにもさらされています。

人間関係からくるストレスや仕事のストレス以外にも夏の暑さ、冬の寒さなどの気温もストレスとなります。

ストレスも悪者ではなく必要なものなので、結果、毎日の生活で疲労はまぬがれません。

では、疲労回復にはどうすればよいのでしょうか?一番は質の良い睡眠です。

でも考えてみてください。
子どものころは寝たら疲れが取れたはずなのに、今はどうでしょうか?
寝ても寝ても疲れがとれない、寝た気がしない、寝起きにすでに肩がこっている・・・そんなことはありませんか?

だんだんと質のよい睡眠をとることは簡単ではなくなります。
その分、疲労は少しづつたまっていくのです。

そして、それがある日突然さまざま症状として現れます。

私たちができること

なぜ不調になるの?

私たちはあなたの身体を治すことはできません。
身体を治せるのはその人自身の治る力でしかないのです。

私たちは治る力を最大限に発揮できるようお手伝いをするだけです。

質のよい睡眠をとれる身体に変える。
疲れにくい姿勢に変える。
身体の血流、水分の循環をよくする。

そうしているうちに細胞が生まれ変わります。
身体の部分でさまざまではありますが、3ヶ月~ 半年で身体の細胞は生まれ変わっていきます。

循環が良くなって生まれ変わった細胞は以前とは 違うはず。きっとあなたの身体も生まれ変わったように 軽くなっているはずです。

人間の身体は神秘に満ち溢れています。
どれだけ科学が発展してもわからないことだらけでしょう。

ただ、私たちが日々治療に携わっていて10年経っても、人間の身体の治ろうとする力の大きなことに驚かざるを得ません。

私たちの少しの手助けだけでみるみるうちに改善に向かうのです。

身体の不調に悩まれてるあなたへ私たちと一緒に身体を改善して、充実した毎日を過ごしませんか?