東洋医学について

  • HOME
  • 東洋医学について

当院の鍼灸治療は東洋医学の考え方をベースにした『経絡治療』という治療法を採用しています。
聞きなれない言葉かと思いますが、経絡とは身体にある気の流れのことで、ツボを刺激することによってその流れを整えて身体の力を引き出します。

東洋医学は

『自然に基づく』→自然の環境にそった過ごし方、たとえば季節によって過ごし方変える
『変わらない』→3000年以上前から変わらず生活の中に取り入れられてきている
『基準が明確』3000年間基本理論がぶれていないので再現性が高い

東洋医学は現代医学に比べると非科学と受け入れられにくい面もありますが、皆さまが考えておられるよりずっと歴史を経て再現性が証明され、使い続けられている医学なのです。

生まれ持っての体質 + 現状のストレス → 病気

東洋医学では

・あなたの『生まれ持っての体質』
・現在の状況にある『ストレス』

が絡み合って症状を発症すると考えます。
ですので、あなたの体質を見極め、現状の原因を見極め治療にあたっていきます。

補と寫

東洋医学では補と瀉という考え方にて治療を行います。

東洋医学的に言うと難しいように聞こえてしましますが、実は簡単で、足りないものを補ってあげて、多いものは取ってあげるということです。

あん摩マッサージで言うと、やさしくなでるような手技はパワーを補ってあげる時に使い、ポイントで指圧する時は溜まったものを散らす(取り去る)ためや高ぶった神経を沈める時に使います。

補と寫
補と寫

もっと詳しく知りたい方へ
診断方法と証の立て方はコチラ