鍼灸あん摩マッサージ指圧きっこうどう

京都 鍼灸なら、亀恒堂鍼灸・亀香堂あんまへ|京都市

HOME 初めての方へ ごあいさつ 治療師プロフィール 当院の施術 メニューと料金 お問い合わせ
患者様からの声

 

インターネット割引

 



はじめての方へ
症状別
当院について
訪問リハビリマッサージ

 

きっこうどう通信

 



お気軽にお問い合わせください

施術中や移動中は電話に出られない場合がありますのでメッセージを残して下さい。
後ほど必ずこちらからご連絡させていただきます。

電話で問い合わせ
075-756-5963

メールで問い合わせ

 

ブログ かめ日記

 

HOME»  不眠症

不眠症

はり灸やマッサージによって、あなたを自然と深い眠りへと導いていきます。

人間の3大欲求の一つである睡眠。
以下のような症状を感じたら不眠症かもしれません!?

 

 

 

バインダー

チェック寝付きが悪い

チェックすぐに目が覚めてしまう

チェック寝ても夢ばかり見て寝た気がしない

チェック昼間の眠気がとれない

バインダー

 

 眠れない原因とその対処法


1.慨日リズムの狂い

1.慨日リズムの狂い

【原因】
人間の体内時計は24時間ではなく25時間の周期でセットされて
おり、もともと夜1時間ずつ遅れていくようにできています。


それを主に光や社会的な行動、身体的運動などで24時間に調整
して毎日生活しているわけです。

朝に光をあびることや規則正しい生活、適度な運動などがその調整
の役割を果たしている分、現代社会ではその24時間のリズムに調整
できず、もともと備わっている25時間のリズムに戻り、不眠という症状
がでてきやすいのは当然ともいえます。

 

【対策】
お仕事等の都合によりなかなか規則正しいという生活が難しい
場合もありますが、どんな不調に対しても良い睡眠が一番の薬と
いうことを考えて少しづつでも、体内時計を整えていきましょう。



 

 

 

2.セロトニン不足

2.セロトニン不足

【原因】
不眠の場合、それがうつ症状からくることもあります。

うつ症状はセロトニン不足の状態です。睡眠を促すメラトニン
という物質を作り出すのもセロトニンです。

そしてメラトニンとセロトニン両方に大きくかかわってくるのが、
昼間に光にあたることと夜に暗いところで眠ることになります。

 

あたりまえの生活ですが、現代ではこの当たり前のことが
難しくなっているのが現状ですね。

 

 

 

【対策】
昼間に光にあたり、夜に暗いところで眠る他、規則的なリズム運動
(一番簡単にできるのが、歩くことです)やマッサージのように触れ
あうことでもセロトニンの分泌は促されます。

 

 

 

3.その人独自のリズム

3.その人独自のリズム

【原因】
早寝早起きはもちろん推奨されるべき良い習慣ではありますが、
万人にあてはまるわけではありません。
その人独自の体内時計があります。

朝型の人はこのページには無縁のように思われますが、夜勤など
不規則な生活をしいられると体調を崩しやすいです。

逆に夜型の人は不規則には対応できるのですが、自由に過ごして
しまうと昼夜逆転になりやすいです。

 

【対策】
自分がどのような独自のリズムを持っているのかを把握してそれぞれ
に合った生活リズムをするよう努めていきましょう。



 

 

 

 

4.東洋医学診断からのアプローチ

4.東洋医学診断からのアプローチ

【原因】
東洋医学では、

・寝付きが悪く鶏が鳴くころにやっと眠りにつくタイプの人は肝に
  問題がある

・寝入ってもすぐ目が覚めるタイプは脾に問題がある

というようにそれぞれの不眠のタイプや体の状態をみて証をたてて
治療を行います。

東洋医学でいう肝は肝臓とは似てはいますが、ちょっと意味合いが
異なります。

 

血のめぐりを司るという意味での肝であり、このタイプの人は頭に血が昇りやすく、イライラもしやすい。
夜になっても血が肝に戻らず体中(主に頭に)めぐっているので眠れないということです。

 

 

 

【対策】
はり治療により体中にめぐる旺盛な肝の気を少し弱めてあげるわけです。


 

 

 

 

5.心と体のコリ

5.心と体のコリ

【原因】
考え事をしたり気になることがあったりしてはまず眠れませんよね。

そんな時は頭が冴えて血流がしっかりあることでしょう。
そうするとあくびもでません。

あくびは脳の酸素不足、活動低下のサインでもあり、夜にあくびが
でるのは『もう頭が休む準備をしているよ』ということなのです。

 

寝ても寝た気がしないという場合、肩や首のコリが見られる事が
よくあります。慢性化していてコリ感がないため自分ではなかなか
気付けなく、ただ寝ても疲れが取れず、昼間に眠気を感じるような
不快症状だけ感じる場合もあります。

 

 

 

【対策】
無理に考え事をやめようといっても無理な話なので、そんな時に
こそはり灸やマッサージ治療によって血流を頭から体の末端に
いきわたらせてあげることで、自然に考え事をやめることができます。

夜ではなく、また明日頭が冴えてから考えようという気持ちになれます。

また、質のよい睡眠のためにも自分では気付かないコリをしっかりと
取っておいてあげましょう。

 

 

 

お客様の声



 
  
  34歳 男性 技術職 【鍼灸+マッサージ】

  感謝。 環境の変化で、不眠が続きました。 また持病の腰痛が悪化して最悪な
 状態になりました。 そんな時にきっこうどうさんに出会いました。 先生方は、しっ
 かり私の話を聞いてくださり現在の身体の状態、原因をしっかり説明して治療をし
 ていただきました。 鍼は最初痛いイメージがありましたが 痛みはなく知らないま
 に眠っていました。
 マッサージも気持ちよく、施術後は腰の痛みは軽減されました。 数回通院後、
 不眠も解消され現在ではグッスリと眠れています。 腰痛も楽になり、最悪な状態
 が嘘のみたいです。 先生方、これからも身体のケアーよろしくお願いします。
 お身体でお悩みのある方、是非一度行ってみて下さい。

  
       

 






 
  
  65歳 女性 主婦 【鍼灸+マッサージ】

 上手! 50肩の治療に通っています。丁寧に症状を聞き、施術してくださいます。
 以前は永年続いた不眠を2回の治療で治していただきました。
 鍼灸の先生もマッサージの先生もプロフェッショナルです。 とても感謝しています。 
 

 

         
 




お問い合わせ