鍼灸あん摩マッサージ指圧きっこうどう

京都 鍼灸なら、亀恒堂鍼灸・亀香堂あんまへ|京都市

HOME 初めての方へ ごあいさつ 治療師プロフィール 当院の施術 メニューと料金 お問い合わせ
患者様からの声

 

インターネット割引

 



はじめての方へ
症状別
当院について
訪問リハビリマッサージ

 

きっこうどう通信

 



お気軽にお問い合わせください

施術中や移動中は電話に出られない場合がありますのでメッセージを残して下さい。
後ほど必ずこちらからご連絡させていただきます。

電話で問い合わせ
075-756-5963

メールで問い合わせ

 

ブログ かめ日記

 

HOME»  原因不明の熱

原因不明の熱

バインダー

チェック 風邪など感染症ではないのに熱が下がらない

チェック 頭痛も併発している

チェック 首のコリ感が大きい
 

バインダー

 

過労やストレスが原因と思われる原因不明の
熱が続くという症状の方が増えています。
知らず知らずのうちに溜まった身体の中の
熱や老廃物をうまく循環させましょう。


 

 

自律神経失調症

 

 原因不明の熱


どちらかというと男性の方に多いのですが、
仕事が忙しく休む暇もないという方に多く見られます。
睡眠や休息の絶対量が足りておらす、疲労が蓄積
(疲労の蓄積というのは老廃物の蓄積です)
して、身体の中の循環がうまくいっていません。


鍼での治療が良く効きます。

鍼は身体の中の気の循環の通路を整え、
気がスムーズに流れるようにするのが第一の目的です。
気というと目に見えずよくわからいもののようですが、
身体を動かすエネルギーと考えていただければよいかと
思います。

電気も機械を動かすエネルギーですが、目に見えませんよね。

気の流れを整えると1時間の治療の過程で0.5~1℃の熱は
下がることが多いです。

 




はり灸の施術風景

 

 水分代謝の問題


水分の特徴として熱を吸収しやすいというのがあります。
身体は60%が水分でできていますので、体内の細胞で起こる
代謝時に発生する熱は水分に吸収されます。
浮腫みのように余分な水分が体内に留まると
熱を吸収して身体を冷やしてしましますし、
逆に熱を吸収した水分が体温を上げてしまいます。
冷えているのに熱があるという不思議な状態になるわけです。

水分の循環を整えてあげれば冷えも熱もなくなります。

 

 

お問い合わせ